BLOG

ブログ

暗号資産(仮想通貨)レンディングとは?方法、仕組み、メリットとデメリットをまとめて解説!|【暗号資産(仮想通貨)で資産形成】

「暗号資産(仮想通貨)の数量を、お金をかけずに増やせないかな?」

そんなふうに思っている方におすすめなのが、暗号資産(仮想通貨)レンディングです。

暗号資産(仮想通貨)レンディングは、通貨を預けているだけで、確実にその数量を増やせる方法です。

今回は、この暗号資産(仮想通貨)レンディングの仕組みから、メリットやデメリット、利用できる取引所についてまで説明していきます。

暗号資産(仮想通貨)レンディングとは銀行預金のようなもの

暗号資産(仮想通貨)レンディングとは、保有している暗号資産(仮想通貨)を一定期間貸し出すことで、「利用料」として利息が得られるサービスです。

お金を預けることで利息が得られる、銀行預金の暗号資産(仮想通貨)版と言えば、イメージしやすいでしょう。

暗号資産(仮想通貨)レンディングの仕組み

暗号資産(仮想通貨)レンディングは、以下の3者によって成り立っています。

  • 貸し手
  • 取引所
  • 借り手

暗号資産(仮想通貨)が、貸し手から借り手に渡るまでの流れは、以下のとおりです。

  1. 貸し手が取引所に通貨を貸す
  2. 取引所が借り手に通貨を貸す
  3. 借り手が通貨を借りる

このように、暗号資産(仮想通貨)レンディングでは、貸し手が借り手に直接通貨を貸すのではなく、間に取引所が入って、仲介の役目を果たします。

借り手は借金のように、取引所から暗号資産(仮想通貨)を借りられるのかと言うと、そうではありません。

貸し手が貸し出した暗号資産(仮想通貨)は、証拠金の数倍の取引ができる「レバレッジ取引」の資金に充てられています。

暗号資産(仮想通貨)レンディングの3つのメリット

貸し手側にとって、暗号資産(仮想通貨)レンディングには、主に以下3つのメリットがあります。

  • 手間をかけずに資産を増やせる
  • 銀行預金より金利が高い
  • 通貨の持ち逃げや貸し倒れなどのリスクが低い

ここでは、それぞれのメリットについて紹介していきましょう。

手間をかけずに通貨を増やせる

暗号資産(仮想通貨)レンディングでは、取引所に暗号資産(仮想通貨)を貸し出すだけで、確実に通貨の量を増やせます。

そのため、暗号資産(仮想通貨)の初心者でも、利益を得ることが十分期待できるでしょう。

銀行預金より金利が高い

暗号資産(仮想通貨)レンディングの金利は、銀行預金に比べて、ずっと高くなっています。

例えば、ネット銀行の定期預金の場合、金利は0.02%程度のところが多くなっています。

それに比べて、暗号資産(仮想通貨)レンディングの金利(年利率)は最高で5%、安くても1%です。

ネット銀行の定期預金の、50~250倍となっています。

通貨を持ち逃げされるリスクが低い

暗号資産(仮想通貨)を個人的に貸し借りした場合、貸した相手に通貨を持ち逃げされる危険があります。

しかし、暗号資産(仮想通貨)レンディングなら、間に取引所が入っているため、この心配はほとんどありません。

暗号資産(仮想通貨)レンディングの3つのデメリット

暗号資産(仮想通貨)レンディングには、以下3つのデメリットもあります。

  • 賃借中に暗号資産(仮想通貨)の価値が下がる可能性がある
  • 中途解約不可または解約手数料がかかる
  • 賃借中に取引所が倒産するリスクがある

ここでは、それぞれのデメリットについて説明していきましょう。

賃借中に暗号資産(仮想通貨)の価値が下がる可能性がある

暗号資産(仮想通貨)レンディングをすれば、貸し出した通貨は確実に増えて返ってきますが、必ずしも得をするとは限りません。

なぜなら、暗号資産(仮想通貨)は価格の変動幅が大きく、預けている間に暴落する可能性もあるからです。

預けている暗号資産(仮想通貨)は、貸出期間が終了するまで、自由に動かせません。

そのため、預けている通貨が暴落しても損切りできず、逆に暴騰しても、利確ができません。

中途解約不可または解約手数料がかかる

暗号資産(仮想通貨)レンディングでは、取引所によっては中途解約ができず、できる場合も解約手数料がかかります。

取引所ごとの中途解約の可否と、解約手数料は以下のとおりです。

中途解約の可否中途解約手数料
Coincheck不可
GMOコイン償還時に受取予定の利用料の10%
bitbank原則不可預けた数量の5%

また、中途解約した場合、もらえるはずだった利用料は一切支払われません。

賃借中に取引所が倒産するリスクがある

暗号資産(仮想通貨)レンディングは、預金保険制度の対象外です。

そのため、貸出期間中に取引所が倒産した場合、預けていた通貨は戻ってこない可能性があります。

暗号資産(仮想通貨)レンディングの始め方は?取引所と金利の一覧

暗号資産(仮想通貨)レンディングは、暗号資産(仮想通貨)レンディングのサービスを提供している取引所に口座を開設することで利用できます。

2020年11月時点で、暗号資産(仮想通貨)レンディングができる主な取引所は、以下の3つです。

CoincheckGMOコインbitbank
通貨の種類14種類9種類7種類
貸出期間14日30日90日180日365日1カ月3カ月1年
年利率1~5%1% or 3%1~3%
最小貸出量10万円~0.1BTC~1BTC

※最小貸出料は、ビットコイン(BTC)の場合

このように、取引所によって、それぞれ特徴が異なります。

ここでは、各取引所の特徴について、紹介していきましょう。

暗号資産(仮想通貨)レンディングができる取引所①Coincheck

「Coincheck(コインチェック)」では、以下14種類の通貨で、暗号資産(仮想通貨)レンディングが利用できます。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)リスク(Lisk)
ファクトム(Factom/FCT)リップル(XRP)
ネム(XEM)ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)クアンタム(QTUM)
バット(BAT)IOST

年利率は、貸出期間に応じて、以下のように決まっています。

  • 14日…1%
  • 30日…2%
  • 90日…3%
  • 180日…4%
  • 365日…5%

Coincheck(コインチェック)は、3つの取引所のなかで、最も暗号資産(仮想通貨)の種類が多く、最大金利も高くなっています。

ただし、中途解約ができないので、注意しましょう。

暗号資産(仮想通貨)レンディングができる取引所②GMOコイン

GMOコインで、暗号資産(仮想通貨)レンディングに利用できる通貨は、以下の9種類です。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)リップル(XRP)ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)バット(BAT)オーエムジーOMG

年利率は、貸出期間に応じて、以下のようになっています。

  • 1カ月…1%
  • 3カ月…3%

GMOコインの特徴は、3つの取引所のなかで、唯一中途解約が可能なことです。

途中で解約するかもしれないという方は、こちらを選ぶといいでしょう。

暗号資産(仮想通貨)レンディングができる取引所③bitbank

「bitbank(ビットバンク)」では、以下7種類の通貨で、暗号資産(仮想通貨)レンディングができます。

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ステラルーメン(XLM)

bitbankの貸出期間は、一律1年です。

年利率は、貸し出す通貨の量に応じて、以下のようになっています。

画像出典:bitbank「取引ルール 暗号資産を貸して増やす

例えば、ビットコイン(BTC)の場合、1BTC預ければ年利率は1%、5BTC預ければ2%になります。

まとめ

暗号資産(仮想通貨)レンディングは、取引所に通貨を預けておくことで、利用料(利息)が得られるサービスです。

銀行預金に似た仕組みですが、金利は預金に比べて、ずっと高くなっています。

とはいえ、預けている間は通貨を動かせず、その間に通貨が暴落してしまうリスクもあります。

これから暗号資産(仮想通貨)レンディングを始める方は、まずは短い貸出期間で試してみるといいでしょう。

COIN CHOICE

コインチョイス

アナリストリポートや直接助言を受け取りたい!

初回2週間無料!

暗号資産(仮想通貨)の最新アナリストレポートや
売買タイミングの直接助言がもらえる!

COIN CHOICEとは

FOLLOW US

ソーシャルメディア

SOCIAL MEDIA ACCOUNT

  • LINE
  • twitter