PROFILE

小俣卓也について

profile

暗号資産、ブロックチェーンとの経緯

2015年に暗号資産(仮想通貨)業界へ探り始める。マイニングという仕組みがあることを知り、その事業の可能性があるということを感じ、マイニングマシンなどの探しに秋葉原を探索しながら、日々仮想通貨やブロックチェーンの事業にのめり込んでいきました。

そこで、有望なコインがICOを行うという情報が入り、3000万円程度購入しました。(これは、忘れもしませんが、5875ETH分と85BTC分で買いました。) それが3000円から45000円程度まで値上がりを経験しました。

本格的にマイニングに参入すべく、準備を進め、2017年6月1日に本格的に、日本で初めて行政(秋田の鹿角市)と組んで、クリーンエネルギーを活用した暗号資産(仮想通貨)のマイニング会社、株式会社Miner Garageを創業しました。

以降、マイニングを行っていたところ、ビットコインが高騰し、その後暴落した時に、マイニングだけでは価格が下がった場合に事業が脆弱である事を悟り、暗号資産(仮想通貨)自体の研究や分析に取り組みました。そこで、自動売買システムの開発にも着手しました。日本でまだ著名な暗号資産アナリストは少ない為、その世界でトップを取る為に、暗号資産アナリストとしての修行を開始し、暗号資産アナリストに登録されました。現在は、日々、暗号資産の情報を収集分析し、市場動向をレポートしています。

小俣式暗号資産分析法とは?

暗号資産に出会い、そしてマイニング会社を起業し、その魅力は何なのかを徹底的に研究してきた結果から、いくつかの要素で調査分析を行っております。

その主要な要素が、チャート、ニュースのプラスマイナス要因の比較分析、ハッシュレートとマイナーの関係からの価格変動分析となっております。

チャート分析からの大きなトレンド、そして日足のトレンドを価格判断の基準とし、ニュースのプラスマイナスから該当する暗号資産の基礎的な価値をプラス要素マイナス要素の比率で将来性を解析、そして、私の独自のマイナー目線のハッシュレート分析によってこれらの分析内容と整合性を確認して、5W1Hで紐解き、投資判断を行っております。

暗号資産アナリストとは?

暗号資産アナリストとは、証券会社や銀行などの金融機関や投資顧問会社などに所属し、運営 母体の進捗状況やブロックチェーン上のアップデートや開発の動向、新たなプロジェクトの動向、そして国内外の全般的な経済、政治情勢など、幅広いデータや情報を調査・分析して、暗号資産の価格推移などの将来予測を行うスペシャリストです。

また、利益相反の関係から、アナリストによる個人的な銘柄の推奨、評価等に偏見や偏りが生まれ、不正に価格を操作するようなことを避けるためにアナリスト自身が実際にトレードすることは決してありません。

日本証券経済研究所 証券アナリスト規制と強制情報開示・不公正取引規制 参照

小俣 卓也の将来ビジョン

①ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)がより一般的になり、個人から企業まで広く暗号資産(仮想通貨)の利便性や長所を活かせる社会を実現できるよう、ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)の魅力を伝え続けたい。

②ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)の市場が健全に成長し、株式や為替市場を超えた大きな市場になるように、個人から企業まで、ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)を有効活用する方法を伝えたい。

③国内外にサッカーチームを持って、ブロックチェーンや暗号資産(仮想通貨)でサッカーを盛り上げる仕組みを作りたい。そして、その仕組みを他のスポーツやイベント含め国境を越えたサービスを創りたい。

現在、サッカーチームでSTOを実現できるように研究中。

COIN CHOICE

コインチョイス

アナリストリポートや直接助言を受け取りたい!

初回2週間無料!

暗号資産(仮想通貨)の最新アナリストレポートや
売買タイミングの直接助言がもらえる!

COIN CHOICEとは

FOLLOW US

ソーシャルメディア

SOCIAL MEDIA ACCOUNT

  • LINE
  • twitter